暗黒大陸

アフリカ大陸はポルトガルがインド航路を発見して以来、その輪郭が把握されるようになりました。しかし内陸は全くの未開の地であったため、手付かずの状態でした。北部はイスラムの支配受けたために文明化され、イスラム圏の地図には描かれたのですが、ヨーロッパ人には入手困難な地図でした。サハラ以南を地図におさめようとすれば莫大な資金と労力が必要になりますが、熱帯の気候は白人には辛いこともあり、探検する者は長らく現れませんでした。

初めて本格的なアフリカ探索が行われたのは19世紀中頃のことでした。リヴィングストンはアフリカの中部と東部の水系を解明し、交易に資する地理的条件をヨーロッパに伝えました。様々な発見で功績を残したのですが、ナイル川の水源探索中に罹患し、亡くなりました。彼の遺した多くの地図が、その後のアフリカ研究に貢献した大きさは言うまでもありません。彼の後輩が次々と内陸の様子を明らかにするにつれて、南部の河川が輸送路に適さないことも分かってきました。

アフリカの内陸も解明されつつあった当時、地図作成の技術自体も近代から現代に移行しつつありました。抜け穴のない地図が出来上がってからも、様々な課題が残っています。グローバル化した時代において、各国に通用するスタンダードを取り決める必要性が生じ始めたのです。19世紀末にベルンで開かれた国際地理学会議では、国際図の作成が提案されました。また、20世紀に入ってパリで同会議が開かれた際は、縮尺、多円錐図法、図幅、経度と緯度、国境線等について話し合われ、メートル法や等高線も議題に上りました。この流れを受けて、国際水路局や国際民間航空機関も地図の国際間統一に尽力しました。